代表的な表面処理加工

表面処理の種類や特徴は非常に多種多様であり、最も一般的な表面処理はめっき加工になります。めっき加工といってもその種類はさまざまで、加工法や付加させたい特性によって種類が分かれます。加工法では、電気を使う電気めっきや電気を使わない無電解めっき。特性別では、耐摩耗性・硬度向上を付加させたい場合はクロムめっき、耐食性・装飾性向上を付加させたい場合はニッケルめっき、他にも銅、銀、金、スズなど多くのめっき種類が存在します。
それぞれの用途に応じためっき加工が機械部品や装置そのものに施され技術の一部となっています。

表面処理技術の全体像を把握することは、生産設備や機械部品の機能性を向上させることにつながります。下記に表面処理を“湿式法”と“乾式法”に分類したうえで、加工に於ける電気を使用有無や、その他加工方法別に分類し、実際に表面処理加工業の設備(処理工法)別に表にまとめています。

湿式法による表面処理の分類

 

 

乾式法による表面処理の分類

 

高品質の表面処理加工を行うためには、加工毎に専門の設備が必要になり、さらに機械加工や板金加工などによって製作されたワーク(部品)の寸法サイズによっても、表面処理加工の可否の問題があります。設計者は、機械部品の使われる用途と現場を加味した上で、最適な表面処理方法を、最適な協力会社の選定までを考慮することで、品質とコストのトータルバランスを高いレベルで設計できるのです。