製品属性(仕様)

付加
特性
耐摩耗性 表面
処理
クロムめっき
業界樹脂、フィルム サイズ
重量
φ200x5000面長以下
加工
サービス
表面処理 母材SUS

製品画像(様子)

特徴

バッテリーなどにも用いられているセパレータフィルムは、非常に高い品質が求められます。セパレータフィルムは厳しい管理条件のもとで製造されていますが、それでも製造工程やフィルムを必要な寸法にカットするスリッター工程で小さなゴミ(異物)が発生します。 異物が付着したままではセパレータフィルムとしての機能性(品質)が低下し、検査の結果使用不可の判断が下されればせっかく生産したフィルムが無駄になってしまいます(歩留まりの低下)。

そこでセパレータフィルムの製造時工程では、異物を除去するために洗浄ラインが設けられています。洗浄ラインでは特殊な薬品が含まれる洗浄液の中にセパレータフィルムをくぐらせることで異物を除去します。 しかしこの洗浄液は一般的な鉄を激しく腐食させてしまう溶剤であるため、洗浄ラインで使用する搬送ロール(洗浄ロール)は耐食性がいいSUS材で作られていることが多いです。

このようにSUS材のままでは耐摩耗性が低く、また面粗度を細かく仕上げることが難しいため、フィルムが触れるロールの面長部分には硬く耐摩耗性がありまた鏡面加工性に優れている硬質クロムめっきが採用されています。