製品属性(仕様)

付加
特性
光学特性付与 表面
処理
ブラスト処理、クロムめっき、銅めっき、ニッケルめっき
業界フィルム サイズ
重量
φ900×4000L
加工
サービス
めっき、ブラスト処理 母材

製品画像(様子)

特徴

ロールにはロールの目的や仕様が分かるように、使用目的に応じた呼び方や仕上り表面に沿った呼び方があります。前者はカレンダーロールやコーターロール、キャスティングロールなどが名称として使われています。後者では鏡面ロールや梨地ロールなどが例として挙げられます。梨地ロールは別名「マットロール」とも呼ばれることもあります。
梨地ロールは、ブラスト処理=研削材をロール表面に吹き付けて製造する方法が一般的です。アルミナなどのセラミック材料やガラス、金属など様々な種類の研磨剤で表面に細かい凹凸をつけます。この研磨剤は目的とする表面粗さや形状によって選択されます。
このブラスト処理は、機械加工やレーザーなどの加工とは異なり研削材を吹き付けての加工となるので、良い意味ではランダムな形状が作ることが出来ますが、デメリットとしては、ある程度の不確定さやバラつきが生じます。
光学用のフィルムの成膜に梨地ロールで製造しようとした場合、少しの凹凸の高さの違いや粒の大きさの違いにより光学特性やフィルムの外観が異なることがあります。
そのために光学用のフィルムに使用するためには、表面形状としてのランダム性は残しつつ、凹凸の高さや粒の大きさのバラつきは極力小さくすることが求められます。
弊社ではこの問題を解決するために様々な工夫をして対応しております。例えば、研削材の種類や大きさだけでなく、その形状や品質まで選定基準に盛り込み管理することや、素材の変質や硬度ムラなどの影響をなくすために、ブラスト処理の前にニッケルめっきや銅めっきなどを処理し、均一な表面にすることによって不確定要素を出来るだけ除外しバラツキを抑えます。また、ブラスト処理条件についてもトライ&エラーを繰り返しながら最適な条件を決定し、その条件を工法手順化にすることで表面形状の再現性を高めています。
光学特性を求められる様なフィルムを一定の品質で作り続けることは簡単な仕事ではありませんが、お客様と一緒になって作り込むことで満足頂ける梨地ロールをご提供させて頂きます。