製品属性(仕様)

付加
特性
離形 表面
処理
クロムめっき
業界特になし サイズ
重量
要相談
加工
サービス
要相談 母材要相談

製品画像(様子)

特徴

クロムめっきは、耐食性、耐摩耗性に優れた皮膜であり、3価のクロムを含む研磨材で磨くことにより離形性が向上することがわかっています。この理由は、表面クラックに研磨剤や潤滑剤が封じ込められるため、その潤滑剤の効果で離形性、耐汚染性、耐腐食性が向上されると考えられます。一方、以前から分散めっき(例えるならチョコチップクッキーのようなな構造でチョコが分散材でクッキーがバルク)による手法で、離形性や耐汚染性を解決する方法もありますが、この方法では初めに接触する物質が柔らかい物質であるため、耐摩耗性に問題がありました。理想的には、分散材がバルクに隠れてバルクが表面にでていれば、バルクの耐摩耗性と分散材の性質が可能であると予想されるのですが、分散めっきで、そのような構造を作ることは非常に難しいとされています。見かけ以上に表面積が増えてクラックや底面に分散材をバフのようにめっき面に離型剤を塗布可能であれば、理想的な離形皮膜形成が可能である予想されていましたが、その手法はこれまでは不可能でした。
そこで弊社開発のめっきの奥行きが深い特殊マットめっき処理および、底面にシリカコーティングを吸着させる技術を複合させた結果、離形性の高いハイブリット皮膜を作成することに成功しました。上の写真に示す通り、通常の特殊マット皮膜と比較しても非常に撥水性の高い皮膜となります。通常の特殊マット皮膜は親水性のため、接触角は非常に低いですが、それにシリカコーティングしたこの皮膜では水の接触角が110度以上を有する結果を得ました。クロロプレンゴムに対する滑り性も0.27usと3倍以上向上となりました。また、離形性も3倍以上向上しました。塩水噴霧試験における耐食性も500時間を超える結果を有しており、耐食性と離形性を目的に使用する環境であれば、この皮膜は有用であると考えられます。