Answer (回答)

クロムめっきのクラックは被膜特有の性質であり、ある程度の厚みをつけてしまうと性質が発現してしまい、熱や応力がかかるとより顕著になります。そのためなるべく薄膜にて施工をすることによりクラックの影響を抑えることができます。
また、通常の工業用クロム(サージェントクロム)ではなく弊社のR62めっきを用いることで、よりクラックの影響を少なくすることができます。
このR62は通常のクロムと比べてクラックが緻密という特性がありますので、薄膜のR62めっきを施工することによりクラックの発現・広がりを抑え、フィルムへの転写などクラックによる悪影響をより軽減することができます。
更にR62は耐摩耗性が通常のクロムめっきよりも高く薄膜でも高寿命であるという特性もあります。クラックが緻密であるためより高い鏡面性を実現することも可能です。
ただ熱影響を受けやすい傾向がございますので操業条件によっては不適切となる場合もございます。
(120℃前後の条件であれば全く影響ございません。)