Answer (回答)

まず特殊マット被膜とは、野村鍍金独自の表面処理技術で分類は電気めっきとなります。特殊マット被膜が施工できる最大寸法は、Φ300×2500(面長)となっております。現在さらに大径・長尺な製品にも特殊マット被膜を施工してほしいというニーズがあり、より大型製品へも施工ができるよう検討を進めております。

上記寸法値から外れている場合であっても、特殊マット被膜が施工できる可能性はありますので、ぜひ一度お問合せください。

特殊マット被膜とは

特殊マット被膜の製品事例