Answer (回答)

一般的に目に触れる銀(銀めっき)製品は、アクセサリーであったり食器類がほとんどです。銀自体が高価なイメージがある為、昔からステータスシンボルのような使用がされてきました。また、加工性に優れた金属であることも大きな理由です。最近では抗菌機能を生かした商品も販売されています。銀自体の性質として潤滑性・電気伝導性に優れていることが工業用に使用される目的です。  当社では銀を銀めっきとして提供しています。銀めっきをすることで、母材となる安価な材料(鉄など)に様々な性能を付加することが出来ます。その1例として回転軸から通電するための部品などが有ります。 求められる機能性が「耐摩耗性のみ」でよければ、クロムめっきのように高硬度な被膜を選定した方が丈夫で長寿命化に貢献することが可能です。しかし「通電部」となるとただ単純に耐摩耗性があればいいという話ではなくなります。クロムめっきの電気伝導性は19.9(x10⁻⁶Ω㎝)です。これに対し銀めっきは1.6(x10⁻⁶Ω㎝)と非常に電気伝導性に優れています。