Answer (回答)

銀めっきの厚めっきは可能です。弊社の銀めっきの特徴は、

①工業用めっきであること、②電気めっきであること、③大型品への対応が可能、④パイプ内面や複雑な形状へのめっきが可能(試作からの対応となる場合もあり)。などが挙げられます。

今回のご質問であります『厚めっき』については、弊社の扱っている銀めっきが②の電気めっきであることから、対応が可能です。電気めっきはめっきの対象物へ電気を流す時間に比例してめっき厚みが厚くなっていきます。

1μm以下や数μm程度の厚みであれば時間が短く、100μmや数百μmなどの厚めっきになれば、その分めっきの処理時間が長くなります。 弊社のこれまでの実績では、100μm以上という仕様のご依頼も多数あり、中には500μm以上の厚みを求められた案件もあります。

厚めっきの目的は様々で、導電性を求められたり、耐食性や摺動性を必要として厚めっきの依頼を受けます。 また、厚めっきしますと、どうしても時間当たりに付くめっき量の違いや、品物への電気の流れる量の違いによって、めっき厚みのばらつきが発生します。弊社では旋盤や円筒研削盤などの各種工作機械も保有しておりますので、めっき後に機械加工をすることで指定の精度や厚みに収めることが可能です。