タフカーボン | 特徴

 DLC(Diamond Like Carbon)を超える多機能超硬質の表面処理として、タフカーボンを開発しました。硬度はHv5,000であり、摩擦・摩耗に非常に強く、各種パーツの保護膜として長寿命化に寄与します。タフカーボンを施工することによって従来膜の3倍、硬質クロムめっきの5倍の高硬度を実現することができます。また、500℃の環境化でもHv5,000を実現することができ、高温雰囲気下でも使用することのできる表面処理方法です。

特徴①

Hv5,000の高硬度で高い耐摩擦性、耐摩耗性

特徴②

耐熱性:500℃で高温雰囲気にも強い表面処理

特徴③

優れた非汚染性を有しており、はんだや血液などの付着を低減

代表的な材料との比較 従来膜との比較

タフカーボン | 特徴②

 DLC(Diamond Like Carbon)での表面処理膜の場合には、200℃程度でグラファイトに劣化してしまいます。しかし、タフカーボンはO2フリー雰囲気であれば500℃まで高い硬度を保つことができます。(有酸素雰囲気では400℃まで)また、タフカーボンは非汚染性にも優れているため、はんだや血液などの付着を低減させることができます。

酸素フリー雰囲気で最大500℃ 摩擦量 摩擦係数