SVブレード(高精度めっきブレード) | 特徴

 従来のめっきブレードの特徴である低ストリークは維持したまま、特殊な表面処理技術を付加させることにより、機能を大幅に向上させたSVブレード(高精度めっきブレード)の開発を行いました。ブレードに求められる特性である初期馴染み、ストリークだけでなく、塗工量カットや寿命、面感においても優れた特性を持っています。また、この高精度めっきブレードは、ストリーク発生頻度は一般的なセラミック製のブレードよりも低くなります。

特徴①

初期馴染み・塗工プロファイルが安定しやすい

特徴②

ストリーク発生頻度を低減させためっきブレード

特徴③

従来のめっきブレード(50μm) 高精度めっきブレード(100μm)

SVブレード(高精度めっきブレード) | 特徴②

 高精度めっきブレードであるSVブレードは、めっき断面100μmという従来よりも厚い膜厚を実現させることができます。また、一般的なめっきブレードに比べてSVブレードはブレードの寿命が2倍以上にアップします。そのため、ブレードのメンテナンス・取り換えの頻度を大幅に低減させることになり、メンテナンスコストの圧縮に繋げることが可能となります。また、お客様のご要望に合わせて設計変更を行うことも可能ですので、用途に合わせた高精度めっきブレード製作にも対応しています。

高精度めっきブレード製作写真① 高精度めっきブレード製作写真② 性能比較